喜久田ゆい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浅野伽々から転送)
喜久田 ゆい
生誕 12月22日
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
ジャンル 少女漫画
受賞
  • 全国書店員が選んだおすすめ少女コミック2021 4位(『虫かぶり姫[1]
公式サイト Trick*of*Treat〜 漫画描きのお絵かきブログ〜
テンプレートを表示

喜久田 ゆい(きくた ゆい 英語表記: Yui Kikuta、12月22日 - )は、日本漫画家。女性。以前は浅野 伽々(あさの きゃきゃ)の名義で活動していた[2]

経歴[編集]

2000年、浅野伽々名義で「風のうた」で第25回アテナ新人大賞新人賞を受賞。『ザ花とゆめ』(白泉社)同年6月1日号に掲載された「月明りにてらされて」でデビュー。種村有菜アシスタント[3]をしていたが、後述の再デビューに伴い卒業。

2006年、喜久田ゆい名義で、第6回ZERO-SUMコミック大賞にて「Trick*of*Treat」で読者大賞を受賞。『コミックZERO-SUM』(一迅社)同年9月号にデビュー作が掲載された。2007年、『コミックZERO-SUM』8月号から2009年10月号まで掲載された『少年羽狩人』で初連載。2008年11月、出産。

2021年、コミカライズ版を担当した『虫かぶり姫』(※作画担当、原作:由唯、キャラクター原案:椎名咲月)が全国書店員が選んだおすすめ少女コミック2021 4位受賞[1]

作品リスト[編集]

喜久田ゆい名義
  • Trick*of*Treat(『コミックZERO-SUM』2006年2月号に受賞候補作として掲載)
  • 僕とカラクリ(『コミックZERO-SUM』2006年9月号掲載。再デビュー作)
  • イライラ少年と執事の憂鬱(Arcana第1回「執事」掲載)
  • 夢々の館(『コミックZERO-SUM増刊WARD』2007年1月号掲載)
  • 我儘なカラクリ(『コミックZERO-SUM』2007年4月号掲載。僕とカラクリの続編)
  • 少年羽狩人(『コミックZERO-SUM』2007年8月号 - 2009年10月号)
  • 魔法使いの猫(『コミックZERO-SUM』2010年1月号[4] - 2013年4月号連載)
  • 星の雨 月の下僕(『コミックZERO-SUM』2013年10月号 - 2014年12月号連載)
  • 瞬間ライル(『コミックZERO-SUM』2015年12月号[5] - 2018年6月号[6])※作画担当、原作:種村有菜
  • 虫かぶり姫(『コミックZERO-SUM』2018年10月号[7] - 連載中)※作画担当、原作:由唯、キャラクター原案:椎名咲月
浅野伽々名義
  • 月明りにてらされて(『ザ花とゆめ』2000年6月1日号掲載。デビュー作)

刊行作品[編集]

いずれも喜久田ゆい名義

  • 少年羽狩人(全4巻)
  • 魔法使いの猫(全5巻)
  • ある日、魔女が世界を滅ぼした(全1巻)※短編集
  • 星の雨 月の下僕(全2巻)
  • 瞬間ライル(全4巻)
  • 虫かぶり姫(既刊6巻)

アンソロジー[編集]

その他[編集]

同人活動[編集]

種村有菜の『りぼん』(集英社)の初期からのレギュラーアシスタントで、同じくアシスタントの水瀬藍との合同同人サークル・Strawberry Lunch(水瀬の商業デビューに伴い、2006年活動停止)を運営していた。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「全国書店員が選んだおすすめ少女コミック」発表!第1位は「ゆびさきと恋々」”. PR TIMES (2021年4月30日). 2022年3月14日閲覧。
  2. ^ arinacchiの2016年5月1日のツイート2020年4月9日閲覧。
  3. ^ 王宮書庫室に図書館、本の市場……本好きの心をくすぐる『虫かぶり姫』の美麗な世界観”. リアルサウンド ブック (2020年6月6日). 2022年3月14日閲覧。
  4. ^ ZERO-SUM新連載祭り!10月号から5カ月連続スタート”. コミックナタリー (2009年7月28日). 2022年3月14日閲覧。
  5. ^ 種村有菜×喜久田ゆいコンビ、次号ゼロサムで新連載「瞬間ライル」スタート”. コミックナタリー (2015年9月28日). 2022年3月14日閲覧。
  6. ^ 種村有菜×喜久田ゆいの異世界ファンタジー「瞬間ライル」最終4巻発売”. コミックナタリー (2018年5月25日). 2022年3月14日閲覧。
  7. ^ 本好き令嬢描く「虫かぶり姫」&恋愛パズルRPG「ラブクロ」、ゼロサムでW新連載”. コミックナタリー (2018年8月28日). 2022年3月14日閲覧。
  8. ^ 峰倉かずや、御巫桃也らが「ストプラ」執筆!14巻特装版で”. コミックナタリー (2014年2月25日). 2022年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]