津川義勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武田 義勝(たけだ よしかつ)は、戦国武将。武田元明の子で後に京極家重臣。母・京極竜子。(別名・津川義勝・佐々木義勝・佐々義勝)。義兄弟に木下勝俊木下利房がいる。高浜城城代

概略[編集]

父元明自刃後、武田姓をはばかり津川姓を称す。

のちに親族である京極高次に重臣として仕える。

京極高次が関ヶ原の戦いの功により若狭一国の主となると大飯郡高浜城5000石を与えられ、また佐々木姓を称することが許された。

以後佐々義勝(佐々木義勝)として京極家重臣に列した。後に高浜城城代となる。

江戸時代丸亀藩家老の佐々家はこの末裔といわれている。

子孫[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 香川家文書『万事覚附』
  2. ^ 『長嘯子新集』近世文芸資料2・3下巻(古典文庫発行)

関連書籍[編集]

  • 香川家文書『万事覚附』
  • 若狭守護代記
  • 長嘯子新集
  • 福井県史

外部リンク[編集]