津守時生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津守 時生(つもり ときお)は日本ライトノベル作家

人物・経歴[編集]

東京都出身、横浜市在住。東洋美術学校卒業[1]

写植オペレーターを経て、多戸 雅之名義で執筆の「緑の標的」(小説ウィングス創刊号)でプロデビュー。その2年後、津守 時生名義で本格的にプロ活動を開始した[2]SFファンタジーを得意とし、美しい男と強い女をコミカルに書き上げる。

主な著作[編集]

  • 夢幻不思議草紙・七宝奇譚シリーズ(新書館ウィングスノベル)イラストはおおや和美。多戸雅之名義で執筆。雑誌連載時に完結しているが最終巻は発売されていない。
    • 魔笛に二度滅ぶ都 -平成5年
    • 眠れる神の長き不在 -平成7年
    • 天駆ける光龍の召喚 -平成8年
    • 日輪を喰らう闇の月 -平成9年
  • 喪神の碑シリーズ(角川スニーカー文庫)イラストは小林智美。
    • ラフェールの末裔-平成2年
    • ウロボロスの影-平成2年
    • カイユの封印 -平成3年
    • フィラルの戒厳令-平成3年
    • エリノアの光輪 -平成3年
  • カラワンギ・サーガラシリーズ(角川スニーカー文庫)イラストは小林智美。
    喪神の碑シリーズの続き
    はじめ全4巻だったが、完全版(全3巻)に合本し外伝や「三千世界の鴉を殺し」に続く書下ろしを加えた。
    • 密林の戦士-平成12年
    • 犠牲の神 -平成12年
    • 神と人の物語 - 平成12年
  • やさしい竜の殺し方角川書店)イラストは角川スニーカーブックス版小林智美、角川スニーカー文庫版橘水樹&櫻林子、角川ビーンズ文庫版加藤絵理子
    当初、角川スニーカーブックスで『やさしい竜の殺し方』『ゆがんだ竜の愛し方』『あぶない竜の選び方』(全て平成10年)の3冊を書き下ろしで上梓。その後角川スニーカー文庫で5巻にまとめ直して再出版。更に角川ビーンズ文庫より番外編を収録した第6巻を加えて再々出版。第6巻に収録の番外編1はTHE Beans VOL. 1に掲載され、番外編2は書き下ろし作品。
    • やさしい竜の殺し方 -平成18年(ビーンズ版)
    • やさしい竜の殺し方 memorial -平成21年(ビーンズ版)

脚注[編集]

  1. ^ 『ラフェールの末裔』著者略歴 より
  2. ^ 『三千世界の鴉を殺し (15) 』著者紹介 より