法言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

法言』(ほうげん)は、前漢の学者揚雄が『論語』の体裁を模して作った思想書である。作者の名を冠して『揚子法言』とも呼ぶ。

概要[編集]

『論語』を模していることからも容易に想像がつくが、儒家の思想をその根本としている。『老子』に触れ、その内容を評価することもあるが、儒家を否定する文脈には従わないと明言している(「問道巻」)。

成立[編集]

『法言』の成立は、司馬光によれば平帝の時代であるが、汪栄宝はその説に反対して、揚雄の最晩年の作であり、天鳳改元(14年)以降の作であるとした[1]。田中麻紗巳もその説に賛成し、『法言』の末尾の言葉は王莽の礼制改革や王田制を賛美したものとする[2]

構成[編集]

全13巻である。

  • 学行
  • 吾子
  • 修身
  • 問道
  • 問神
  • 問明
  • 寡見
  • 五百
  • 先知
  • 重黎
  • 淵騫
  • 君子
  • 孝至

注釈書[編集]

東晋李軌の注、北宋司馬光の集注、中華民国の汪栄宝の『法言義疏』等がある。

脚注[編集]

  1. ^ 汪栄宝 『法言義疏』巻二十。
  2. ^ 田中 (1986) pp.88-93

参考文献[編集]

  • 田中麻紗巳 『両漢思想の研究』 研文出版1986年