法苑珠林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

法苑珠林』(ほうおんじゅりん)は、唐代道世が著した仏教典籍、類書。全100巻。668年総章元年)成立。

659年顕慶4年)、唐道世は『経律異相』に依拠し『諸経要集』を編纂、その後更に『法苑珠林』を撰文している。引用する典籍は仏教のみならず儒家、道教、讖緯、雜著など400種を超え、また現在は散逸した『仏本行経』、『菩薩本行経』、『観仏三昧経』、『西域誌』、『中天竺行記』などを引用し、インドの歴史地理研究の上で重要な史料となっている。

内容は劫量篇より傳記篇までの全100篇668部となっており、文体は駢文が採用されている。

本書は、前掲の南朝宝唱の『経律異相』50巻や、虞孝敬の『内典博要』30巻(亡佚)という先立つ仏教類書に続き、本書を撰した。ただ、先学の編撰したものと大きく異なるのは、当時の中国で人口に膾炙していたり、文献に残されていた仏教説話を盛んに取り入れて、経文類に著された観念の具体的な表れとして用いた点にある。具体的には、本書の各篇の構成は、「述意部」(駢文)・「引証部」(経文)という概要と経文の引用があり、その後に、「感応縁」という部分が来るというものである。この「感応縁」が具体的な仏教説話に相当する[1]

篇目[編集]

  • 却量篇第一(巻1)
  • 三界篇第二(巻2-3)
  • 日月篇第三(巻4)
  • 六道篇第四(巻5-7、感応縁50縁)
  • 千佛篇第五(巻8-12、感応縁12縁)
  • 敬佛篇第六(巻13-17、感応縁91縁)
  • 敬法篇第七(巻17-18、感応縁41縁)
  • 敬僧篇第八(巻19、感応縁11縁)
  • 致敬篇第九(巻20、感応縁1縁)
  • 福田篇第十(巻21)
  • 歸信篇第十一(同上、感応縁3縁)
  • 士女篇第十二(同上)
  • 入道篇第十三(巻22、感応縁5縁)
  • 慚愧篇第十四(巻23)
  • 奨道篇第十五(同上、感応縁3縁)
  • 説聴篇第十六(巻23-24、感応縁9縁)
  • 見解篇第十七(巻25、感応縁2縁)
  • 宿命篇第十八(巻26、感応縁9縁)
  • 至誠篇第十九(巻27、感応縁14縁)
  • 神異篇第二十(巻28、感応縁18縁)
  • 感通篇第二十一(巻29)
  • 住持篇第二十二(巻30)
  • 潜遁篇第二十三(巻31、感応縁13縁)
  • 妖怪篇第二十四(同上、感応縁27縁)
  • 變化篇第二十五(巻32、感応縁25縁)
  • 眠夢篇第二十六(同上、感応縁6縁)
  • 興福篇第二十七(巻33、感応縁11縁)
  • 攝念篇第二十八(巻34)
  • 發願篇第二十九(同上)
  • 法服篇第三十(巻35、感応縁5縁)
  • 燃燈篇第三十一(同上、感応縁3縁)
  • 懸旛篇第三十二(巻36、感応縁1縁)
  • 華香篇第三十三(同上、感応縁6縁)
  • 唄讃篇第三十四(同上、感応縁6縁)
  • 敬塔篇第三十五(巻37-38、感応縁21縁以上)
  • 伽藍篇第三十六(巻39、感応縁20縁以上)
  • 舎利篇第三十七(巻40、感応縁18縁)
  • 供養篇第三十八(巻41)
  • 受請篇第三十九(巻41-42、感応縁6縁)
  • 輪王篇第四十(巻43)
  • 君臣篇第四十一(巻44、感応縁5縁)
  • 納諌篇第四十二(巻45)
  • 審察篇第四十三(同上、感応縁3縁以上)
  • 思慎篇第四十四(巻46、感応縁11縁)
  • 儉約篇第四十五(同上、感応縁2縁)
  • 懲過篇第四十六(巻47、感応縁3縁)
  • 和順篇第四十七(同上)
  • 誠勗篇第四十八(巻48、感応縁4縁)
  • 忠孝篇第四十九(巻49、感応縁15縁)
  • 不孝篇第五十(同上、感応縁3縁)
  • 報恩篇第五十一(巻50、感応縁4縁)
  • 背恩篇第五十二(同上)
  • 善友篇第五十三(巻51)
  • 惡友篇第五十四(同上)
  • 擇交篇第五十五(同上、感応縁3縁)
  • 眷屬篇第五十六(巻52、感応縁7縁)
  • 校量篇第五十七(同上)
  • 機辨篇第五十八(巻53、感応縁4縁)
  • 愚戇篇第五十九(同上)
  • 詐僞篇第六十(巻54)
  • 惰慢篇第六十一(同上、感応縁8縁以上)
  • 破邪篇第六十二(巻55、感応縁6縁)
  • 富貴篇第六十三(巻56、感応縁6縁)
  • 貧賤篇第六十四(同上、感応縁1縁)
  • 債負篇第六十五(巻57、感応縁11縁)
  • 諍訟篇第六十六(同上、感応縁2縁)
  • 謀謗篇第六十七(巻58-59)
  • 呪術篇第六十八(巻60-61、感応縁8縁以上)
  • 祭祀篇第六十九(巻62、感応縁13縁)
  • 占相篇第七十(同上、感応縁6縁)
  • 祈雨篇第七十一(巻63、感応縁23縁)
  • 園果篇第七十二(同上、感応縁12縁)
  • 漁獵篇第七十三(巻64、感応縁14縁)
  • 慈悲篇第七十四(同上、感応縁5縁)
  • 放生篇第七十五(巻65、感応縁1縁)
  • 救厄篇第七十六(同上、感応縁15縁)
  • 怨苦篇第七十七(巻66-67、感応縁13縁)
  • 業因篇第七十八(巻68)
  • 受報篇第七十九(巻69-70、感応縁26縁)
  • 罪福篇第八十(巻71、感応縁1縁)
  • 欲蓋篇第八十一(同上)
  • 四生篇第八十二(巻72、感応縁2縁)
  • 十使篇第八十三(同上)
  • 十悪篇第八十四(巻73-79、感応縁70縁)
  • 六度篇第八十五(巻80-85、感応縁21縁)
  • 懺悔篇第八十六(巻86、感応縁3縁)
  • 受戒篇第八十七(巻87-89、感応縁10縁)
  • 破戒篇第八十八(巻90、感応縁4縁)
  • 受齋篇第八十九(巻91、感応縁4縁)
  • 破齋篇第九十(同上、感応縁3縁)
  • 賞罰篇第九十一(同上、感応縁13縁)
  • 利害篇第九十二(巻92、感応縁1縁)
  • 酒肉篇第九十三(巻93-94、感応縁14縁)
  • 穢濁篇第九十四(巻94、感応縁3縁)
  • 病苦篇第九十五(巻95、感応縁14縁)
  • 捨身篇第九十六(巻96、感応縁9縁)
  • 送終篇第九十七(巻97、感応縁19縁)
  • 法滅篇第九十八(巻98)
  • 雑要篇第九十九(巻99)
  • 傳記篇第百(巻100、感応縁3縁)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 荒牧典俊・小南一郎訳『出三蔵記集 法苑珠林』解説、pp299-310

参考文献[編集]

  • 荒牧典俊小南一郎訳『出三蔵記集 法苑珠林』(「大乗仏典 中国・日本篇」3、中央公論社、1993年) 抄訳(底本は高麗版大蔵経本)。
  • 周叔迦・蘇晋仁校注『中国佛教典籍選刊 法苑珠林校注』(中華書局、2003年)