泉ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いずみひろし
泉ひろし
本名 小泉賢麿
生年月日 (1938-06-25) 1938年6月25日(79歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
職業 俳優
ジャンル 舞台
活動内容 吉本新喜劇
松竹新喜劇

泉 ひろし(いずみ ひろし、1938年6月25日[1] - )は、元吉本新喜劇松竹新喜劇の座員、元漫才師俳優。本名は小泉賢麿。

来歴・人物[編集]

京都府京都市の出身[1]。最初は新劇アクタープロ所属の役者。その後1957年に小人座に入座。1959年柳枝劇団三遊亭柳枝ミヤコ蝶々の元夫)門下に入門、同年6月に柳豊作の名で柳万作(現在の吉本新喜劇のやなぎ浩二)と漫才コンビを結成し新花月で初舞台。1961年に松竹トンボリ座に入座し「泉ゆたか」の名でコメディアン。1964年から泉スナップの名で中田チャック(後の中田アップ)とコンビを結成。1968年に解散し同年9月11日に吉本新喜劇入団、1991年よりライバルの松竹新喜劇に移籍。2000年4月に退団後はフリーの俳優でNHKなどのドラマに出演。現在アンクル所属。

ギャグ[編集]

  • 首を横に何度も振って「プルプル」と言いながら頬をプルプル震わせる。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 大岡越前TBS / C.A.L
    • 第14部 第18話「頑固が鉢巻きした男」(1996年10月21日) - 下駄の歯入れ屋
    • 第15部 第17話「嘘で暴いた大岡裁き」(1999年1月11日) - 煙管屋

脚注[編集]

  1. ^ a b 『吉本興業商品カタログ』

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年
  • 「吉本新喜劇名場面集」

外部リンク[編集]