沿ヴォルガ鉄道支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロシア鉄道沿ヴォルガ鉄道支社
Филиал ОАО «РЖД» - Приволжская железная дорога
Privet.jpg
1913年のリャザン・ウラル鉄道の広告
設置 1953年
(ソビエト社会主義共和国連邦運輸通信省)
支社所在地 ロシアの旗ロシア連邦
サラトフ市
電信コード Прив
路線総延長 4,276.1km

沿ヴォルガ鉄道支社ロシア語: Приволжская железная дорога)は、ロシア鉄道公開株式会社の支社(Филиал ОАО «РЖД»)の一つであり、1893年に創設された。サラトフ州ヴォルゴグラード州アストラハン州およびロストフ州ウリヤノフスク州サマラ州のロシア鉄道線を管轄する。本部はサラトフに設置されている。

歴史[編集]

1953年リャザン・ウラル鉄道ロシア語版とスターリングラード鉄道が合併して成立した。

1948年から1960年にかけてディーゼル化が進められた。ヴェルフニー・バスクンチャク機関区は管内最古の機関区である[1]1959年にはヴォルゴグラード近郊が直流電化された。続いて1965年にはペンザ - ルチシチェヴォロシア語版英語版 - ポヴォリノロシア語版英語版間が、1968年にはサラトフ近郊が直流電化された。1970年にはレーニン勲章を受賞した。

1988年から1990年にかけてアストラハン近郊が交流電化されたほか、ルチシチェヴォ - アトカルスクロシア語版英語版 - アニソフカロシア語版間とサラトフ近郊が直流電化から交流電化に切り替えられた。ソ連崩壊後も交流電化は着々と進められている。

路線[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]