河浜一也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河浜一也(かわはま かずや、1959年11月3日 -)は日本実業家。学習塾経営者。学習共同体河浜塾 (有限会社広島カルチャーストック) 代表取締役、広島私塾連盟特別顧問 (元理事長) 、全日本私塾教育ネットワーク副理事長、広島YMCA常議員、学校法人広島YMCA学園理事、NPO法人教育サポート広島副理事長、NPO法人安芸ソーシャルサポートの会理事、山陽女子短期大学非常勤講師、FMはつかいちラジオパーソナリティ、音楽プロデューサー、フリーライター、作詞作曲家、詩人、郷土歴史家。

人物・来歴[編集]

1982年、広島市佐伯区に河浜学習塾を開業、1985年に有限会社広島カルチャーストックを設立、塾名を学習共同体河浜塾と改称する。同塾は「迷った時の塾選び広島」 (高遠信次著・南々社、2008年刊) において広島県を代表する5塾のうちの1つとして、熱血型の塾に分類されている。出身校である修道高校を分析・紹介した「男たちの修道」(井川樹著・南々社、2012年刊)には、「活躍するOBたち」の欄に名が記されている。

20歳代で詩集を発表した詩人であり、音楽の世界では作曲家・ヴォイスパフォーマーとしての顔も持つ。自らの所属したユニット「月輪 (げつりん) 」で、当時の鯤レーベルより実験音楽CD「蝕 (しょく) 」を発表。

1993年から、広島テレビの「柏村武昭のテレビ宣言」で、毎週のレギュラーコーナー「まちかど塾」を担当した。その後2011年まで、「広島テレビ・公立高校入試解答ダイジェスト」に出演。FMななみでラジオパーソナリティとして毎週のレギュラー出演の後、FMはつかいちの「河浜一也のバラエティーナイト」でメインパーソナリティを務め、2018年11月には、その放送回数が300回を超えた。また、広島県西部に在住の歌手や作曲家、フォトグラファー・ラジオDJらのアーティスト集団「Lusica Final Arts(ルシカ・ファイナル・アーツ)」の代表を務め、そのコアメンバーの音楽プロデューサーとして若手アーティストを育てている。

2000年頃から数年間、廿日市市栗栖で「コーヒーハウス・イシイ」を経営した。宮島もみじまんじゅうに詳しいことから「宮島博士」「もみまん博士」とも呼ばれる。

2012年のNHK大河ドラマを契機に広島で起こった清盛ブームでは、郷土歴史家として、平清盛や佐伯景弘のことを中心に各地で講演した。西広島タイムスにて西国街道周辺をテーマに連載を持つ。「リビングひろしま」では、「河浜一也先生と歩くふるさと歴史散歩」で平清盛ゆかりの地について連載した。広島市佐伯区の広報「佐伯区だより」にて佐伯景弘についての解説を連載した。郷土歴史家としては、西広島タイムスの「宮島街道歴史散歩」の他、季刊誌「GRANDEひろしま」に広島市内の橋の歴史と原爆のことを組み合わせた「シリーズ橋」のページを連載、中小企業家向け情報誌「ログノート」には「ミュージックシーン広島」や「歴史風景広島」を連載中。

著作[編集]

  • 佐伯区本(溪水社
  • 続佐伯区本(溪水社)
  • 平清盛佐伯景弘、宮島歴史ウォーク (トレンドパーク)
  • 吉田松陰の教育 (「学習塾百年の歴史」編纂委員会)
  • 景弘・平安の笛 (広島市佐伯区まちおこし推進課)
  • 蝕 by月輪 (鯤レーベル。CD)

担当番組[編集]

  • FMはつかいち - 「河浜一也のバラエティーナイト」 (毎週火曜21:00 - )
  • FMはつかいち - 「高校入試丸見えラジオ」 (2014年8月 - (毎年8月 - 10月の季節番組・週1日17:00 - ))
  • FMはつかいち - 「沖本・吉松・伊藤・河浜のプログレナイト」 (2013年 - (不定期特別番組))
  • FMはつかいち - 「ルシカミュージックスポット」 (2014年2月 - 2015年3月)
  • 広島テレビ - 「柏村武昭のテレビ宣言」まちかど塾のコーナー (1993年 - 1997年)
  • 広島テレビ - 「公立高校入試解答ダイジェスト」 (1994年 - 2011年)
  • FMななみ - 「FMななみバラエティースポット」 (2005年 - 2007年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]