河浜一也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

河浜一也(かわはま かずや、1959年11月3日 -)は広島の学習塾経営者。学習共同体河浜塾[1](有限会社広島カルチャーストック・広島市周辺に11教室)代表取締役。広島私塾連盟特別顧問(元理事長)。全日本私塾教育ネットワーク副理事長、NPO法人教育サポート広島副理事長、NPO法人安芸ソーシャルサポートの会理事、山陽女子短期大学非常勤講師、FMはつかいちラジオパーソナリティ、音楽プロデューサー、フリーライター、作詞作曲家、詩人、郷土歴史家。

来歴[編集]

 1982年広島市佐伯区に河浜学習塾を開業、1985年に有限会社広島カルチャーストックを設立、塾名を学習共同体河浜塾と改称する。現在、東は東広島市高屋から、西は広島市佐伯区まで教室を展開しおり、他に数教室をプロデュースしている。


 河浜塾は、2008年に発刊された「迷った時の塾選び広島」(高遠信次著・南々社)では、広島県を代表する5塾のうちの1つとして、熱血型の塾に分類されている。高校入試を中心に対応し、毎年公立高校入試に高い合格率を記録しながら中学入試や大学入試にも高い実績を残している。さらに社会見学や理科実験がある塾としても有名である。 また、2012年発刊の彼の母校・修道高校を分析・紹介した「男たちの修道」(井川樹著・南々社)には、「活躍するOBたち」の欄に「河浜一也」の名が記されている。


 20歳代で詩集を発表した詩人であり、音楽の世界では作曲家・ヴォイスパフォーマーとしての顔も持つ。自らの所属したユニット「月輪(げつりん)」で、当時の鯤レーベルより実験音楽CD「蝕(しょく)」を発表。


 1993年から、広島テレビの人気番組だった「柏村武昭のテレビ宣言」で、毎週のレギュラーコーナー「まちかど塾」を担当した。その後2011年まで、「広島テレビ公立高校入試解答ダイジェスト」に出演。地元のコミュニティーFM局では、FMななみでラジオパーソナリティとして毎週のレギュラー出演の後、FMはつかいちの「河浜一也のバラエティーナイト」でメインパーソナリティを務めている。さらに広島県西部に在住の歌手や作曲家、フォトグラファー・ラジオDJらのアーティスト集団「Lusica Final Arts(ルシカ・ファイナル・アーツ)」の代表を務め、そのコアメンバーの音楽プロデューサーやマネージメントも行って、若手アーティストを育てている。


 2000年頃から数年間、廿日市市栗栖で「コーヒーハウス・イシイ」を経営した。宮島もみじまんじゅうに詳しいことから「宮島博士」「もみまん博士」とも呼ばれる。


 2012年のNHK大河ドラマを契機に広島で起こった清盛ブームでは、郷土歴史家として、平清盛や佐伯景弘のことを中心に各地で講演し多忙を極めた。また、地元の西広島タイムス西国街道周辺をテーマに連載を開始、現在も連載中。「リビングひろしま」では、「河浜一也先生と歩くふるさと歴史散歩」で平清盛ゆかりの地について連載した。また、広島市佐伯区の広報「佐伯区だより」にも、佐伯景弘についての解説を連載した。郷土歴史家としては、この西広島タイムスの「宮島街道歴史散歩」の他、季刊誌「GRANDEひろしま」に広島市内の橋の歴史と原爆のことを組み合わせた「シリーズ橋」のページを連載、地元の中小企業家向け情報誌「ログノート」には「ミュージックシーン広島」や「歴史風景広島」を連載執筆中。

著作[編集]

  • 佐伯区本(溪水社)
  • 平清盛佐伯景弘、宮島歴史ウォーク (トレンドパーク)
  • 吉田松陰の教育 (「学習塾百年の歴史」編纂委員会)
  • 景弘・平安の笛 (広島市佐伯区まちおこし推進課)
  • 蝕 by月輪 (鯤レーベル。CD)

担当番組[編集]

  • FMはつかいち - 「河浜一也のバラエティーナイト」(毎週火曜21:00 - )
  • FMはつかいち - 「高校入試丸見えラジオ」(2014年8月 - 毎年8月~10月の季節番組・毎週火曜日17:00 - )
  • FMはつかいち - 「沖本・吉松・伊藤・河浜のプログレナイト」-(2013年 - 不定期特別番組)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]