沖識名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沖 識名
プロフィール
リングネーム 沖 識名
本名 識名 盛夫
誕生日 (1904-07-06) 1904年7月6日
死亡日 (1983-12-15) 1983年12月15日(79歳没)
出身地 沖縄県
スポーツ歴 ハワイ相撲
トレーナー 三宅多留次
デビュー 1932年1月[1]
引退 1973年10月9日
テンプレートを表示

沖 識名(おき しきな 1904年(明治37年)7月6日 - 1983年(昭和58年)12月15日)は、元プロレスラー、その後、日本のプロレスでの元レフェリー

来歴・人物[編集]

沖縄県出身。本名は識名盛夫。ハワイに移住(日系アメリカ人)。ハワイ相撲の横綱やハワイ柔道選手権者として活躍した後、1931年にタロー・三宅(三宅多留次)に出会いプロレスラーとなる。タロー・三宅は、当時アメリカで大活躍をしていた日系レスラーである。1932年1月にデビュー。1937年11月16日にはNWAハワイジュニアヘビー級王座を奪取している[2]

沖識名は、プロレスラーとしては、なかなかの実力者であり、5人の世界チャンピオンと選手権を争ったことがあるが、惜しいところでタイトルは取れなかった。柔道仕込みの関節技の名手だったという。また、若い頃のルー・テーズにレスリングを教えたことがあるのが自慢のひとつだった。

1948年にプロレスラーとしての現役を引退後、1951年、ハワイでハロルド坂田の誘いでプロレスに転向した力道山のコーチを務める。以後、日本プロレスで長年に渡ってメインレフェリーを務め、特に暴走する外国人レスラーに着ているシャツを掴まれて破かれてしまい、場外に放り投げられたりするなどして試合終了後には上半身裸になってしまう場面がよくあった。

1973年(昭和48年)3月9日、日本プロレスに辞表を提出し引退。この日はNETテレビも『NET日本プロレスリング中継』打ち切り並びに新日本プロレス中継開始(『ワールドプロレスリング』へ再改題)を発表し、この日を境に日プロは一気に崩壊へ向かっていった。前日3月8日に栃木県佐野市で行われ、『NET日本プロレスリング中継』最後の中継試合となったジョニー・バレンタイン高千穂明久UNヘビー級選手権試合が最後のレフェリングとなった。同年10月9日の全日本プロレス蔵前国技館大会で引退セレモニーを行った。

その後、ハワイに帰り、1983年(昭和58年)12月15日死去。79歳没。奇しくも、ちょうど力道山の20回目の命日であった。

タイトル歴[編集]

  • NWAハワイジュニアヘビー級王座[2]

エピソード[編集]

1965年(昭和40年)に拳銃不法所持で逮捕されたことがある。その際、留置場で「プロレスは八百長だろう」と絡んできた若いチンピラに対して「俺が命を賭け、身体を張ってきたプロレスを八百長呼ばわりするとは許せない」と激怒した沖は取っ組み合い、たちまち倒してしまったという。当時の沖の年齢は61歳だった(出典:門茂男著『群狼たちの真実』角川文庫刊)[要ページ番号]。ハワイでのプランテーション労働の日々や力道山との出会いは、鳥越皓之『沖縄ハワイ移民一世の記録』(中央公論新書)[要ページ番号]に詳しい。

脚注[編集]

  1. ^ The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月17日閲覧。
  2. ^ a b NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月17日閲覧。