沖探容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沖 探容(おき たんよう、?年(?年) - 天保10年(1839年))は、江戸時代後期の狩野派の絵師。鳥取藩主池田家の御用絵師沖家の第6代目。10代藩主池田慶行に絵を教えたりした。鳥取藩士。沖一峨の養父。

略歴[編集]

第5代探高の実子として生まれ、文政5年(1822年)に父の跡を継ぎ、20俵5人扶持で江戸詰め絵師となり、文政12年には家業精錬のため10俵加増された。

天保6年(1835年)に探沖と改名したが、天保8年(1837年)に病臥したので、探沖時代の作品は少ない。

児玉渕泉(のちの沖一峨)を養子として迎え、名代として出仕させていたが、天保10年没した。

探容は父探高のほか、鍛冶橋狩野7代の狩野探信守道に師事し、文政10年(1827年)には門人中4番目の席順にあった。探容の作品は、狩野派の謹厳で清浄な作風を守りながらも、大和絵の画風を取り入れ、温雅な詩情あふれるものとなっている。

代表作[編集]

参考資料[編集]

  • 鳥取県の自然と歴史 -5- 藩政時代の絵師たち (鳥取県立博物館)