池田輝廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田輝廉
時代 江戸時代中期
生誕 貞享4年(1687年
死没 宝永3年9月6日1706年10月12日
改名 輝致(初名)、輝廉
戒名 通仙院
官位 従五位下大隅守
備中生坂藩世嗣
氏族 池田氏(輝録流)
父母 池田輝録、石原氏
テンプレートを表示

池田 輝廉(いけだ てるきよ)は、江戸時代中期の備中国生坂藩の世嗣。官位従五位下大隅守

略歴[編集]

初代藩主・池田輝録の次男として誕生。母は石原氏。初名は輝致(てるむね)。

生坂藩嫡子として育ち、元禄9年(1696年徳川綱吉御目見した。元禄15年(1702年)叙任するが、宝永3年(1706年)に20歳で早世した。

代わって、本家岡山藩主・池田綱政の次男・池田軌隆の長男である政晴が養子に迎えられ、嫡子となった。