池田岩三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 岩三郎(いけだ いわさぶろう、1874年明治7年)8月23日 - 1937年昭和12年)2月10日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将正四位勲二等功五級広島県出身。

経歴[編集]

1874年(明治7年)8月23日、広島県安芸郡大須賀村[1](現広島市南区)で、池田辰之助、アサ夫妻の三男として生まれる[1][2]。旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)を経て[3]、1896年(明治29年)12月16日海軍機関学校(3期)を卒業[1]。1898年(明治31年)1月14日、海軍少機関士に任官[1]。のち海軍大学校教官兼教育本部部員、第6戦隊機関長などを経て、1916年(大正5年)英国駐在造船監督官となる。1920年(大正9年)12月1日に海軍機関少将へ昇任し第1艦隊機関長に就任[1]。1921年(大正10年)教育本部第3部長、1923年(大正12年)海軍機関学校長、1924年(大正13年)佐世保海軍工廠長。同年12月1日海軍機関中将、1925年(大正14年)海軍省軍需局長となる。1928年(昭和3年)軍令部出仕、1929年(昭和4年)7月5日に待命となり、同月10日、予備役編入となる[1]。ついで藤永田造船所社長を務めた。1937年(昭和12年)2月10日、64歳で卒去。墓所は多磨霊園[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本海軍史』第9巻、111-112頁。
  2. ^ 『人事興信録』第8版、イ99頁。
  3. ^ 修道高等学校同窓会報No59p1197
  4. ^ 20世紀日本人名事典
  5. ^ 参拾壱頁 海機3期

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第9巻、第一法規出版、1995年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。

関連項目[編集]