池田和穗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 和穗(いけだ かずほ、1947年9月14日 - )は、日本の実業家日清フーズ株式会社会長、日清製粉グループ本社副社長、日清製粉プレミックス社長を務めている。

国際商科大学商学部を卒業後、1971年日清製粉に入社。数年後、社内選考をパスして米国コーネル大学へ1年間留学。食品流通経営学を学んだ[1]。2002年に日清製粉執行役員、2004年に取締役。2005年日清フーズ社長に就任。以来10年以上日清製粉の取締役を務めている。

大学時代はゴルフ部に在籍しており、ケンウッド元社長の中野宏とは大学の同期で親しい友人である[2]

経歴[編集]

  • 1971年(昭和46年)4月 日清製粉株式会社入社
  • 2002年(平成14年)6月 日清フーズ株式会社常務取締役経営企画部長当社取締役
  • 2003年(平成15年)6月 日清フーズ取締役社長兼任当社常務取締役
  • 2010年(平成22年)6月 日清製粉グループ本社専務取締役
  • 2012年(平成24年)6月 日清製粉グループ本社副社長兼日清フーズ会長

脚注[編集]

  1. ^ 週刊東洋経済 (5957), 54,トップの履歴書 池田和穗(日清フーズ(株)取締役社長) 2005年05月21日
  2. ^ 東京国際大学同窓会報 2005年春号

外部リンク[編集]


先代:
長谷川浩嗣
日清フーズ社長
2003年 - 2012年
次代:
岩崎浩一