民間全民電視公司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
民間全民電視公司
Dun-Bei Great Wall Building 34-36 entry 20070429.jpg
民視が入るビル
各種表記
繁体字 民間全民電視公司
簡体字 民间全民电视公司
拼音 Mínjiān quánmín diànshì gōngsī
注音符号 ㄇㄧㄣˊ ㄐㄧㄢ ㄑㄩㄢˊ ㄇㄧㄣˊ ㄉㄧㄢˋ ㄕˋ ㄍㄨㄥ ㄙ
ラテン字 Formosa Television
テンプレートを表示
SNG中継車

民間全民電視公司(みんかんぜんみんでんしこうし)は、台湾地上波テレビ放送局である[1]。略称は「民視」、「FTV」。英文表記は台湾の別名「フォルモサ」に由来する「Formosa Television Inc.」。

台湾で初の民営の地上波テレビ局として1997年6月11日に開局した[2]。当時、台視台湾省政府、中視中国国民党華視中華民国国軍が大株主であり実質政府経営のテレビ局であったのに対し、民視は当時野党だった民主進歩党系のテレビ局として開局した。

初期は視聴率が伸び悩んでいたが、ドラマなどが好調となり現在では台湾のテレビ局の中でも視聴率が高い方に位置している。「公正・中立」をモットーとしていて、ニュースの信用性では行政院新聞局から高い評価を得ている。

会社概要[編集]

チャンネル[編集]

主な番組[編集]

GO GO JAPAN 來去日本
過去には小林麻美(楊思敏)小濱隆司らが出演し日本の観光地を紹介していた[5]
頭家来開講
政治討論番組。2006年8月24日の生放送中に元立法委員が政治評論家に殴りかかる事件が発生した[6]
また、台視華視中視に比べ少ないものの、「金田一少年の事件簿」、「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」、「ちびまる子ちゃん」などの日本アニメも放送されている。
当局が放映したドラマ「夜市人生」でトラックにはねられるシーンにギャグ要素があり、ニコニコ動画で改造動画が作られるようになり、台湾で話題を呼んだ。

姉妹局[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中国・台湾・香港のテレビ事情”. JAMCO. 2021年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c 關於民視”. 民視. 2021年7月19日閲覧。
  3. ^ 常見問題”. 民視. 2021年7月19日閲覧。
  4. ^ a b 民視英語新聞”. 民視. 2021年7月19日閲覧。
  5. ^ 台湾人気テレビ「Go Go JAPAN !」 × 河口湖猿まわし劇場”. 周防猿まわしの会. 2021年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月19日閲覧。
  6. ^ 台湾,政治討論番組で暴力事件”. NHK. 2021年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月19日閲覧。
  7. ^ 台湾のTV・ラジオ媒体一覧”. アジアの広告メディア出稿支援サイト[アジメディ!]. インフィニティ・コミュニケーションズ. 2020年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]