民主左派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギリシャの旗 ギリシャ政党
民主左派
Δημοκρατική Αριστερά
DIMAR logo.svg
党首 フォティス・コウベリス
成立年月日 2010年6月27日
本部所在地 アテネ
ギリシャ議会
1 / 300   (0%)
(2015年1月25日)
政治的思想・立場 中道左派
民主社会主義
社会民主主義
公式サイト dim-ar.gr
テンプレートを表示

民主左派(みんしゅさは、ギリシャ語Δημοκρατική Αριστερά、略称:ΔΗΜΑΡ)は、ギリシャ民主社会主義社会民主主義中道左派政党。党首はフォティス・コウベリス。

歴史[編集]

民主左派は、2010年に左翼運動・エコロジー連合から離党して作られた。同党からは、550人以上が入党した。第一回の党大会は、2011年3月31日から4月3日まで行われ、フォティス・コウベリスが97.31%の得票で選出された。

2012年3月に6人の議員が全ギリシャ社会主義運動より入党したことで議席が10人に増え、院内会派を結成する資格を得た。また同月に自由の市民も合流した。

同じ年のギリシャ総選挙では、386116票(6.11%)を得、19議席を獲得し、第7党となった。また再選挙では、17議席を獲得し、第6党となった。再選挙後、第1党となった新民主主義党与党となり、全ギリシャ社会主義運動とともに民主左派自体は閣外協力となった。

2015年1月25日に施行された総選挙では緑の党と選挙協力を行ったものの、得票率0.49%(30,056票)に止まり全議席を喪失する結果となった。同年9月の総選挙では全ギリシャ社会主義運動(PASOK)と選挙協力を行い、得票率17.5%(340,089票)を得て1議席を回復した(PASOKと合わせて16議席)。

外部リンク[編集]