武漢長江大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武漢長江大橋
Wuhan Yangtze River Bridge-1.jpg
基本情報
中華人民共和国の旗 中国
所在地 湖北省武漢市
用途 鉄道道路併用橋
着工 1955年9月1日
開通 1957年10月15日[1]
座標 北緯30度32分58.6秒 東経114度17分18.3秒 / 北緯30.549611度 東経114.288417度 / 30.549611; 114.288417
構造諸元
形式 二層式トラス橋
全長 1670m[1]
道路橋:22.5m(車道18m + 両側歩道各2.25m)
鉄道橋:14.5m
高さ 80m
地図
武漢長江大橋の位置(武漢市街内)
武漢長江大橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

武漢長江大橋(ぶかんちょうこうおおはし、: 武汉长江大桥)は、中華人民共和国湖北省武漢市漢陽区武昌区を結ぶ、長江に架かる鉄道道路併用橋。全長1670m、道路部の幅22.5mの2層桁橋である。

新中国成立後、ソビエト連邦の技術協力により長江にはじめて架けられたのがこの武漢長江大橋である。その後、1959年に重慶の白沙陀長江大橋中国語版が架けられた。その後、中ソ対立の影響で1960年にソ連側技術者が引き上げたことにより、3番めに造られた南京長江大橋(1968年竣工)は、中国独自の技術で架橋されたはじめての長江大橋中国語版となった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 人民網 1957年10月15日 武漢長江大橋建成通車 http://cpc.people.com.cn/BIG5/64162/64165/70486/70501/4842605.html