スターヴ教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
樽板教会から転送)
移動: 案内検索

スターヴ教会(スターヴきょうかい。英語:Stave church)または樽板教会(たるいたきょうかい)は、支柱と梁で構成された中世の木造教会である。


概要[編集]

教会の荷重を支える太い支柱(古ノルド語:stafr、現代ノルウェー語:stav)が、そのまま建築技術の名前になっている。かつてはヨーロッパ北西部に多く存在したが、現在ではほとんどが石造りの近代的な教会に建替えられ、もっとも多く残っているノルウェー国内でも、わずかに28棟[1]を残すのみとなっている。ノルウェー国外に残されている中世時代のスターヴ教会は、15世紀にスウェーデンのHedaredに建てられたHedared stave church、ノルウェー国内に立てられていた物を1842年にドイツのKrummhübel(現ポーランドカルパチュ英語版)に移築したVang stave churchイギリスエセックス州、グリーンステッドに残っている聖アンドリュー教会、の3棟のみとされている。壁面は丈夫な厚板が貼り込まれた構造となっており、この見た目から樽板教会とも呼ばれる。

現存するスターヴ教会の例[編集]

ノルウェー国内[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ リストによっては29棟などとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]