樫の実学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樫の実学園(かしのみがくえん)は1956年に大道哲夫が京都市北区上賀茂南大路町に設立した学習塾京都新聞京都大学入試の回答を担当する等、存在感を示した。なお、大道学園長は、2009年に89歳で死去。

学習塾ではあるが、夏には臨海学舎を開催。浜詰にある施設で、多くの子供たちが楽しんでいた。福山哲郎が浪人中に通園し、その後、一時、経営を担当していた。

1996年廃園となったが、有名国私立大学で研究する現役の数学者や科学者、建築家などを教員として採用する独特の教育方針があり、毎年、難関大学、高校、中学への入学実績も高かった。出身者には政治家や実業家も名を重ねている。

なお、廃園後の建物は京都発のラーメンチェーン店天下一品の本部となっている。

関連項目[編集]