横川端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横川 端(よこかわ ただし、1932年1月21日 - )は日本実業家

すかいらーく創業者の一人であり、現在はすかいらーくの最高顧問、東京交響楽団会長を現任している。藍綬褒章受章、勲二等瑞宝章受章。

略歴[編集]

1932年(昭和7年)1月21日、横川家の長男として長野県諏訪市に生まれる。1947年(昭和22年)3月に長野県諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)を中退し、同年4月に諏訪精工舎(現セイコーエプソン)に入社、後に諏訪精工舎を退社し、兄弟と共に設立した、ことぶき食品有限会社取締役になる。すかいらーくの専務取締役、代表取締役会長、取締役グループ統括機構代表理事、取締役最高顧問などを歴任した。2003年(平成15年)3月には兄弟全員と共に経営から退き、現在は最高顧問となっている。

関連項目[編集]