標津断層帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

標津断層帯(しべつだんそうたい)は、北海道東部の標津町中標津町羅臼町の平野部と山塊の境界付近に存在する断層群。第四紀において活動した可能性がある活断層も含まれており、断層を震源とする大規模な地震発生も予測されている。

調査[編集]

  • 2002年から2004年にかけて北海道立地質調査所が地形地質調査、物理探査およびボーリング調査を実施しているが、活動履歴等が判別できず地震の発生確率は明らかにされなかった。

発生した主な地震[編集]

  • 1963.1.28 - M 5.3 中標津

外部リンク[編集]