樋口英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樋口 英明(ひぐち ひであき、1952年 - )は、日本の裁判官である[1]

三重県出身[2]。司法修習第35期修了。1983年4月12日福岡地方裁判所判事補任官1985年4月より静岡・宮崎・和歌山・大阪・熊本・名古屋などの地方裁判所家庭裁判所簡易裁判所の判事補・判事を歴任。2003年4月1日-2009年3月31日、大阪高等裁判所判事。2009年4月1日-2012年3月31日、名古屋地家裁半田支部長。2012年4月1日-2015年3月31日、福井地家裁判事部総括判事・福井簡裁判事[1][3]。2015年4月1日-2017年8月10日、名古屋家裁部総括判事・名古屋簡裁判事[1][3]。2017年8月11日、定年退官[1][3]

2014年5月21日関西電力大飯原発3・4号機の運転差し止めを命じる判決を下した。2015年4月14日福井県近畿地方の住民ら9人が関西電力高浜原発3・4号機の再稼働差し止めを求めた仮処分申請に対し、住民側の申し立てを認める決定を出した[2]。尚、2015年4月に名古屋家裁に異動だったが、継続審理のために仮処分決定を出した。

脚注[編集]

[ヘルプ]