楠木正具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楠木 正具(くすのき まさとも、永正13年(1516年) - 天正4年(1576年))は戦国時代の武将。楠木正忠の子。

北畠具教家臣。伊勢国八田城主。

伊勢侵略をもくろむ織田信長に激しく抗戦するが、その後形勢不利となった主君の具教は信長と和議を結んだ。

正具は伊勢を脱出し、顕如の元へと赴き、再び信長に戦いを挑んだ。本願寺内では武勇を買われ指導者を任されたと言われている。信長勢との長き戦いの末、1576年石山合戦のさなかに討死を遂げた。

関連作品[編集]

小説
  • 智本光隆『神剣の守護者』学研パブリッシング 2013年