楊維テイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「楊維楨」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

楊 維楨(よう いてい、1296年 - 1370年)は中国元代の詩人。字は廉夫。号は鉄崖

生涯[編集]

浙江紹興諸曁の出身。生家は商人と思われる。1327年泰定4年)に進士及第。出身地でしばらくは税務官吏を勤めたが辞職し、各地を放浪し詩社を指導しながら75年の生涯を終えた。

その詩風は常識や日常の域を乗りこえることを目指し、華麗で自由奔放な表現を特徴とする。過去の詩では六朝の『楽府』、唐代の李白李賀を模範とする。吉川幸次郎は、維楨を「南方市民文学の指導者」と称する。

著作[編集]

  • 『安岳集』
  • 『春秋合題著説』
  • 『四書一貫録』
  • 『五経鈐鍵』
  • 『史義拾遺』
  • 『鉄崖古楽府』10巻
  • 『楽府補』6巻
  • 『東維子集』30巻
  • 『楊鉄崖詩集』26巻

参考文献[編集]