安国寺 (岐阜県池田町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楊岐山から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
安国寺
Ankoku-ji, Ikeda, 2016.jpg
所在地 岐阜県揖斐郡池田町小寺304-1
位置 北緯35度26分22.8秒 東経136度32分59.1秒 / 北緯35.439667度 東経136.549750度 / 35.439667; 136.549750座標: 北緯35度26分22.8秒 東経136度32分59.1秒 / 北緯35.439667度 東経136.549750度 / 35.439667; 136.549750
山号 楊岐山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 十一面観音菩薩
創建年 1345年(康永4年 / 興国6年)
開基 此山妙在
法人番号 3200005006283 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

安国寺(あんこくじ)は、岐阜県揖斐郡池田町小寺にある臨済宗妙心寺派の寺院。足利尊氏が全国に建立した安国寺のうち、美濃国に設けられたものである。西美濃三十三霊場15番札所。

鎌倉円覚寺の此山妙在を開基として、1345年康永4年 / 興国6年)に開かれた。美濃国守護土岐氏や有力武将の稲葉氏所縁の寺院で、1495年明応4年)に船田合戦に敗北した土岐成頼が同寺で出家したほか、斎藤道三に土岐氏が滅ぼされた際、稲葉光朝が斎藤家に復讐するため千人斬りの願を立て、安国寺に潜んで夜な夜な岐阜へ人斬りに出向いたという伝承がある。

寺内には稲葉光朝の墓と伝えられる五輪塔のほか、西国三十三番観音供養塔がある。また、織田信雄制札(池田町指定有形文化財)を所蔵している。