検視官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

検視官(けんしかん、検屍官、Coroner)とは、検視を行う職種のこと。

日本における検視官[編集]

位置[編集]

刑事訴訟法229条によって、検察官が変死者又は変死の疑いのある死体(変死体)の検視を行うことにされている。しかし、同条2項によって、検察事務官または司法警察員にこれを代行させることができるとされており、一般的に司法警察員である警察官検視を行っている。

そのため、検視を担当する警察官のことを「検視官」と呼称している。「検視官」はあくまで組織上の名称であり、こういった資格が存在するわけではない。

資格[編集]

検視官は警察本部に所属し、地方公務員ノンキャリアだが警視に相当する超エリート刑事部捜査第一課の殺人事件を担当する強行犯捜査係で実績を積んだ上に、鑑識技能検定に合格して講習を受けたあと、さらに昇任試験もクリアしなければならない[1]

米国における検視官[編集]

「Coroner」は「検死官」と訳される場合がある。

英国における検視官[編集]

イングランドおよびウェールズで検視官(検死官)は地方自治体によってを任命され、報酬を支払われる司法官吏である。

香港における検視官[編集]

関連[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ』北芝健・監修 ナガオカ文庫 p39