椒芽田楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

椒芽 田楽(きのめ でんがく、生没年不詳)は、江戸時代名古屋浮世絵師戯作者

来歴[編集]

姓は神谷氏。名は剛甫。椒芽田楽、木芽田楽、西郊田楽、西江田楽と号す。狂歌名は木芽亭田楽。名古屋の西郊牧野村の医者であったが、寛政末期から文政初期にかけて戯作制作及び洒落本挿絵などの作画をしている。寛政末期に自画自作の本を多数制作しているが、未刊本が多かった。享和期には曲亭馬琴と手紙を交わし、その門に入り、馬琴の紹介、校閲を経て享和2年(1802年)に黄表紙『挑灯庫闇夜七扮(ちょうちんぐらやみよのななやく)』を出している。これには歌川豊国も作画している。また、文化以降には江戸、名古屋の大手版元と手を組んで多数の戯作を発表した。文化13年(1816年)に中村・岩塚七所社に奉納された絵巻「きねこさ祭絵巻」は傑作とされる。天保の頃に没したといわれる。

作品[編集]

  • 『囲多好髷』 洒落本 爰乎翁斎(ここをおきなさい)作、田楽画 寛政12年 未刊
  • 『仮名詩御祭礼』 並戸安売作、田楽画 寛政末か 未刊
  • 『復讐梨園』 戯作 田楽作、山本蘭亭画 文政2年
  • 『戯気(たわけ)縁起』 戯作 田楽作、文政2年か

参考文献[編集]