山本蘭亭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 蘭亭(やまもと らんてい、宝暦13年(1763年)‐没年不明)、は江戸時代名古屋浮世絵師画家

来歴[編集]

狩野友竹及び駒新の門人。山本氏、名は直秀。俗称は熊野屋弥十郎。蘭亭、有秀斎と号して文化から嘉永期に作画をする。初めは門前町善篤寺辺りに住んでいたが、後に東橘町(ともに現・名古屋市中区)、日置蛭子町(現・名古屋市中村区)に移った。90余歳という長寿を全うしたといわれるが、没年及び墓所も不明である。嘉永3年(1850年)の賛を有する「仁王図」に「行年八十七翁有秀斎」という落款が見られるため、安政万延文久のころに没したと推定される。天保の頃には浮世絵のほか、大須真福寺七ツ寺などといった市中の神社仏閣の扁額を多く制作している。特に大須観音へは毎年7月10日の夜に自ら描いた太閤記の絵柄の大懸行灯を掲げることを日課としていた。

門人に鈴村景山、貝谷采堂などがいたが、なかでも山本梅逸が若い時に蘭亭に入門した際、その才能に驚愕、張月樵に紹介し、梅逸が後に大成する契機を作った。森玉僊沼田月斎らと並んで牧墨僊の没後の名古屋浮世絵界を発展させる基礎となった一人であった。

作品[編集]

  • 『復讐梨園』 椒芽田楽作 文政2年
  • 「仁王図」 森玉僊の絵と対 嘉永3年

参考文献[編集]