植村昭三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

植村 昭三(うえむら しょうぞう、1946年7月29日[1] - )は、日本の経産官僚、弁理士世界知的所有権機関(WIPO)事務局次長、特許庁審査第四部長、東京大学先端科学技術研究センター客員教授を歴任。

1998年8月から、WIPOにおける初めての日本人事務局次長として、著作権をはじめとする知的財産権の規範作成や、エンフォースメントを担当した。

略歴[編集]

著書等[編集]

  • ワールドワイド知的財産権 激突から大調和へ (1994年5月26日 ダイヤモンド社) - 共著
  • 国連機関でグローバルに生きる (2006年11月10日 現代人文社) - インタビューを収録

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.206

外部リンク[編集]