森迫暁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森迫 暁夫(もりさこ あきお、1973年[1] - )は、日本のイラストレーター北海道札幌市在住。

経歴[編集]

東京都出身(出生地は長野県[2][3]。『ドラえもん』を描きたいという理由で漫画に興味を示し、中学時代までは漫画家志望だったが、高校時代に断念[4]。高校3年生のとき、美術部で油彩を始め、美術系の大学に進学を希望、教師に勧められた道都大学に進学する[4]。大学時代にシルクスクリーンを使用した絵画に出会い、以降創作のメインとなる[4]倉敷芸術科学大学修了[要出典]

2010年の第5回札幌国際短編映画祭では、イラストがメインビジュアルのグランプリに選定された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 森迫暁夫インタビュー(4) - 『札幌インタビューマガジン』2006年12月号
  2. ^ 「かみちま。 展」森迫暁夫。個展 - Sapporo Art Magagine Art Alert
  3. ^ 『札幌インタビューマガジン』の記事では「東京に生まれ」と紹介されている。
  4. ^ a b c 森迫暁夫インタビュー(2) - 『札幌インタビューマガジン』2006年12月号
  5. ^ SSF2010 メインビジュアル決定 - SSFニュース(2010年6月22日)