森安九段刺殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森安九段刺殺事件(もりやすくだんしさつじけん)とは、1993年11月23日将棋棋士森安秀光九段が自宅で殺害された事件。

概要[編集]

1993年11月23日8時50分頃、西宮市の森安の自宅の書斎で森安の刺殺体が妻(当時40歳)によって発見された。妻が警察に電話しようとすると、包丁を持った中学1年生の長男(当時12歳)に襲われ、首に全治2週間の怪我を負った。なんとか長男から包丁を奪ったものの、長男は家から逃走した。

11月24日14時半過ぎ、逃走していた長男が、行きつけのゲームソフト店で発見され保護された。この店は森安の自宅から7km離れていた。警察に保護された長男は、受験勉強を課していた父を批判する言葉を口にした。

解剖の結果、森安は死体発見の前日の11月22日午後5時から6時頃に殺害されていたことが判明した。

事件後[編集]

警察に保護された長男は父親刺殺を否認、部屋から血の付いたトレパンなどが発見されたが、かたくなに否認した。児童相談所が処遇を決定したのは、事件から2ヶ月後の1994年1月24日のことである。

その処遇については少年法により公表はされていない。医療少年院に入り、カウンセリングが続けられたとも言われている。

その他[編集]

森安は1993年の第52期B級1組順位戦では4勝3敗と4位につけていた。しかし、殺害されたことにより残り4局の相手(大内延介富岡英作青野照市村山聖)は不戦勝となった。