森好之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 好之(もり よしゆき、1518年永正16年) - 1581年天正9年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将筒井氏の家臣。志摩守。妻は筒井順昭の妹。嫡子に森好高

島清興(左近)の島氏、松倉重信(右近)の松倉氏と並んで「筒井の三家老」と称された。 家老として大和国森本に7千石余を領したと記録に残る。順慶が大和守護となり、安定期を迎えていた天正9年(1581年)筒井城にて死去したという。

関連項目[編集]