梅紫蘇巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅紫蘇巻(うめしそまき、うめじそまき)は、島根県広島県に伝わるおかずの1つである。別名「梅のシソ巻」。

概要[編集]

江戸時代に考案されたもので、青梅を塩漬け乾燥したのち、砂糖をまぶして紫蘇で巻き、1年間寝かせたもの。江戸時代備中国笠岡の医師宮太柱が考案し石見銀山で使用された、梅肉を利用した防毒マスク福面(ふくめん)」が元になり、炭坑で働く工夫達の弁当のおかずとして発展した。

現在は、巻き寿司の1つとしても親しまれている。これは、上述の梅紫蘇巻を巻き寿司にしたものである。現在では梅肉と紫蘇を、シャリと海苔で巻いた巻き寿司となっている。

外部リンク[編集]

梅のシソ巻