梅渓院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅渓院(ばいけいいん、慶長11年(1606年) - 寛永5年7月26日1628年8月25日))は、福岡藩黒田忠之の正室。関宿藩松平忠良の次女。母は酒井家次の娘。名は久姫(ひさひめ)。

第2代将軍徳川秀忠の養女として、黒田忠之に嫁いだ。

寛永5年(1628年)に死去。興雲寺に葬られた。

参考文献[編集]

  • 幕府祚胤伝(『徳川諸家系譜』第2巻)
  • 寛政重修諸家譜
  • 『徳川・松平一族の事典』工藤寛正