梅好斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅好斎(ばいこうさい、生没年不詳)とは江戸時代大坂浮世絵師狂歌師

来歴[編集]

流光斎如圭の門人かといわれる[1]。大坂の人で陰山氏。俗称は三郎兵衛。梅好斎と号す。狂歌名は白縁斎梅好。今橋筋の書肆塩屋主人であった。狂歌師としては明和から文政期に活躍した他、文化期に作画をしている。

作品[編集]

  • 「まつたしばらく・九世森田勘弥」 細判校合摺 文化2年正月 大坂角座『まつたしばらく今入姿』より

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵の基礎知識』は122頁の流光斎派系図において流光斎如圭門人とする。

参考文献[編集]