桓嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桓 嘉(かん か、? - 252年)は、中国三国時代の人物。父は桓階。子は桓翊。魏書桓階伝、及び諸葛恪伝に記述がある。

楽安太守を務め、魏の公主を妻にした。

252年、呉を討つため胡遵諸葛誕らに従い出陣したが、東興の戦いにおいて諸葛恪に敗れ戦死した。壮侯とされた。爵位は子が継いだ。

小説『三国志演義』においては、東興の戦いで呉の丁奉の奇襲に遭い、斬られてしまう魏将の一人として、韓綜と共に名のみ登場する。