桓公 (戦国宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桓公(かんこう、? - 紀元前356年頃)は、戦国時代の君主(在位前363年頃 - 前356年頃)。『史記』宋微子世家第8では辟公と記されている[1]。姓は子、名は辟兵[1]、あるいは璧。休公の子[1]。休公の後をうけて宋国の君主となった。剔成君に廃位されて、公位を奪われた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 史記』宋微子世家第八 「休公田二十三年卒,子辟公辟兵立。辟公三年卒,子剔成立。」 s:zh:史記/卷038

参考文献[編集]