桑田鎮典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑田 鎮典
Yasunori Kuwata
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-04-26) 1976年4月26日(43歳)
ラテン文字 Yasunori Kuwata
身長 194cm
体重 88kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ヤス
ポジション WS
指高 253cm
利き手
スパイク 343cm
ブロック 333cm
テンプレートを表示

桑田 鎮典(くわた やすのり、1976年4月26日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。福岡県福津市出身。ポジションはウイングスパイカー

来歴[編集]

友人に誘われて、福間東中学1年よりバレーボールを始める。1993年、世界ユース代表として準優勝に貢献した。

法政大学4年生だった1999年の第5回Vリーグサントリーの内定選手としてプレー。レギュラーとして活躍し、スパイク賞を獲得する。しかし、第6回vリーグを目前に突然チームを退部(サントリーも退社)、地元の福岡へ帰郷する。 再びバレーボールへの情熱が再燃した2000年末、自らオファーする形で日立国分に加入し、現役復帰。オポジットとして貢献するものの、2002年にチームが休部し、同年サントリーに復帰した。

サントリー復帰後はサイドアタッカーの層が厚いチーム事情から出番が限られている状況にあったが、サウスポーで守備もこなせることから重宝され、ベテランとなった近年でも度々スタメン起用された。

2010年3月、引退が発表され[1]、2009-2010年Vプレミアリーグをもって現役引退した。

球歴・受賞歴[編集]

  • 受賞歴
    • 1999年 - 第5回Vリーグ スパイク賞

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009/10シーズン 勇退選手について”. サントリーサンバーズ (2010年3月3日). 2010年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]