桑原翠邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑原翠邦(くわはら すいほう、1906年9月20日1995年3月27日)は、北海道帯広市出身の書家である。本名 清美。翠邦は魚目とも号した。

経歴[編集]

1906年、北海道河西郡帯広町(現在の帯広市)に生まれた。1921年、札幌鉄道教習所に入学し、大塚鶴洞に師事したことで、書を意識するようになった。また、後に同じく書家となる金子鷗亭三宅半有とも鉄道教習所時代に出会っている。1924年に鉄道教習所を卒業し、職に就くが、川谷尚亭比田井天来が相次いで北海道に来遊、彼らから上京を勧められたことで、金子とともに1932年に上京、以降比田井天来に師事した。翌年、上田桑鳩が中心となって結成された書道芸術社に参加した。

戦後は書壇と一定の距離を置いた一方で、師天来と同じように桑原も全国各地を遊歴して書を頒布し、天来の書法を広めることに努めた(ここから、旅の書家とも言われた)。現在でも桑原の書が各地に数多く残されているという。

1972年東宮御所書道御進講となった。

1995年3月27日に死去した。なお、1995年に桑原のインタビュー、揮毫の様子を撮影した映像が残されているが、桑原は映像中で「平成七年(1995年)三月十九日」と書いており、最晩年まで矍鑠としていたことが分かる。

作品集[編集]

  • 桑原翠邦古稀記念作品集 書宗院,1976
  • 米寿記念桑原翠邦作品集 教育書籍,1993
  • 桑原翠邦の臨書 全3巻 教育書籍,1993
  • 桑原翠邦臨書集 全5巻 天来書院、2001

映像[編集]

  • 書・20世紀の巨匠たち 第3巻 天来書院(VHS・DVD)(ここで上記の映像を確認することができる)

関連事項[編集]

参考文献[編集]

  • 田宮文平「『現代の書』の検証2」芸術新聞社、2007年