栗林徳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗林 徳一(くりばやし とくいち、1896年明治29年)3月9日[1] - 1981年昭和56年)12月27日[2])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員室蘭市名誉市民[3]

経歴[編集]

北海道室蘭[3]で、栗林五朔、カス夫妻の長男として生まれる[4][5]1918年小樽高等商業学校を卒業し[2]、父の事業を継いで海運業を営む[4]。栗林 (名) 社員、栗林商会社長、栗林商船社長、室蘭船渠取締役、南洋興発取締役、室蘭商工会議所会頭、胆振縦貫鉄道会長、北海道地方電力調整委員などを務めた[2][4]1932年2月、欧米の温泉場、港湾の視察で外遊し、同年11月に帰国した。

1939年9月29日、貴族院多額納税者議員に就任[2][6]研究会に所属して、1946年5月7日まで在任した[2][7]

戦後、南洋貿易会社を再発足し木材輸入を進め、また、オーストラリアで南洋真珠の養殖を行った[3]。1969年勲三等旭日中綬章受章、1972年室蘭市名誉市民[8]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『貴族院議員氏名表』貴族院彙報附録、昭和2年12月20日、47頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』197頁。
  3. ^ a b c 『現代物故者事典 1980~1982』119頁。
  4. ^ a b c 『自治産業発達誌』909-910、937頁。
  5. ^ a b 『人事興信録』第7版、く35頁。
  6. ^ 『官報』第3823号、昭和14年9月30日。
  7. ^ 『官報』第5795号、昭和21年5月13日。姓が「栗原」と誤って掲載されている。
  8. ^ 室蘭市概要 > 名誉市民

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1980~1982』日外アソシエーツ株式会社、1983年。
  • 『自治産業発達誌』国際通信社、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。