栗本英世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗本 英世(くりもと えいせい、1957年 - )は、日本人類学者。専攻は社会人類学、アフリカ民族誌大阪大学教授。長年スーダンの研究に取り組んでいる。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1980年 - 京都大学文学部卒
  • 1982年 - 京都大学大学院文学研究科修士課程修了
  • 1985年 - 京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了

職歴[編集]

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『民族紛争を生きる人びと―現代アフリカの国家とマイノリティ』世界思想社
  • 『未開の戦争,現代の戦争』岩波書店

共編[編集]

外部リンク[編集]