栄長泰明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栄長 泰明(えいなが やすあき、1971年10月28日 - )は、日本の化学者工学博士慶應義塾大学教授。研究分野は、機能性材料・光化学・電気化学・ダイヤモンド電極。

人物紹介[編集]

  • 1990年青森県立青森高等学校卒業
  • 1994年東京大学理学部化学科卒業
  • 1996年同大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了
  • 1999年同大学大学院工学系研究科応用化学専攻博士課程修了、工学博士

現在、慶應義塾大学理工学部化学科教授。[1]

COE採択メンバー。21世紀COEプログラム・化学・材料科学分野、ライフコンジュゲートケミストリー。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 栄長 泰明教授”. 慶應義塾大学理工学部化学科. 2018年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]