柿並隆正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
柿並隆正
時代 戦国時代
生誕 大永3年(1523年
死没 天文24年10月1日1555年10月16日
別名 通称:四郎三郎
官位 佐渡守
主君 大内義隆義長
氏族 多々良姓大内氏庶流柿並氏
父母 父:柿並隆幸
兄弟 高石興幸隆正
幸慶左衛門
テンプレートを表示

柿並 隆正(かきなみ たかまさ)は、戦国時代武将大内氏家臣で、陶晴賢の側近。父は柿並隆幸

生涯[編集]

大永3年(1523年)、大内氏庶流の柿並隆幸の子として生まれる。

天文23年(1554年6月5日折敷畑の戦いにおいて、父・隆幸が戦死したため、その後を継いだ。

天文24年(1555年10月1日厳島の戦いでは、陶晴賢に従って毛利元就の軍と戦い、戦死した。享年33。子の幸慶が後を継いだ。

参考文献[編集]