柴田勝敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴田 勝敏(しばた かつとし、永禄11年(1568年)? - 天正11年5月12日1583年7月1日))は、安土桃山時代武将。『寛永諸家系図伝』や『寛政重修諸家譜』では柴田勝家の養子とされるが、実子説もある。母は柴田勝家の妹(または不明)。名は勝久とも。通称は権六、権六郎。子の柴田勝春(柴田善右衛門中務)は立花宗茂に仕えた[1]

生涯[編集]

永禄11年(1568年)に生まれる。幼名は於国丸。柴田勝家の実子とも養子ともいわれている。ただし勝家から通称の権六を与えられていることから、実子であったか否かは別としても勝家からかなり溺愛されていたものと推測される。

天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いで勝家が羽柴秀吉に敗れて自害した後、勝敏は家臣の手引きで逃走した。しかし秀吉の執拗な探索によって捕縛され、5月12日に近江佐和山で処刑された。享年16。ただし年齢に関しては諸説があり、12歳説や14歳説もある。

関連作品[編集]

小説吉原実「火宅の門」(「北國文華」2018年75号収録の短編)

関連項目[編集]

脚注[編集]