柳美英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳美英(リュ・ミヨン、ユ・ミヨン、北:류미영/Ryu Mi Yong, 南:유미영/Yu Mi Yong, 1921年2月14日 - 2016年11月23日)は朝鮮民主主義人民共和国政治家

生涯[編集]

日本統治時代朝鮮京城府(現在のソウル特別市)出身[1]

父は抗日運動に従事し大韓民国臨時政府の要職を歴任し、後に大韓民国統衛部長となった柳東悦。母は李甲(抗日運動に従事しロシアに亡命し、客死した)の妹。夫は中国国民党軍将校として日本との戦争に従事し、戦後、韓国軍の要職や外務部長官などの外交ポストを歴任、また天道教教領でもあった崔徳新

朴正煕政権時代に夫・崔徳新とともに亡命[1]アメリカ合衆国を経て、1986年に北朝鮮へ入国した。1989年に崔徳新が死去すると、その跡を継ぎ、天道教関連団体の要職を歴任する。1993年に朝鮮労働党衛星政党である天道教青友党委員長となる[1]。1997年に檀君民族統一協議会会長に就任。

2016年11月23日、肺癌のため95歳で死去[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]