柳父悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳父 悟(やなぶ さとる、1941年7月15日 - )は、元東京電機大学工学部電気電子工学科教授(2012年3月退任)。

東芝重電技術研究所所長。専門分野は高電圧大電流工学。IEEE Fellow、Royal Academy of Engineering FREng、Current Zero Club、日本工学アカデミー会員。

現在は中国の西安交通大学教授

人物[編集]

1964年3月東京大学工学部電気工学科を卒業し、同年4月東芝入社。1972年イギリスリヴァプール大学へ留学し、Ph.Dを取得する。550kV一点切りガス遮断器の開発育成が評価され、平成11年度科学技術庁長官賞科学技術功労者に選出される。それ以外にも、真空遮断器の分野では、縦磁界電極を開発し、真空遮断器の大容量・小型化に貢献した。

著書[編集]

共著[編集]