柳斎周秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳斎 周秀(りゅうさい ちかひで、生没年不詳)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

豊原国周の門人。姓名不詳、江戸の生れで柳斎周秀と号している。慶応1865年1868年)から明治初期に活躍しており、主として役者絵を描いているが作品は少ない。慶応3年(1867年)の大錦3枚続「降御影街賑」に、同門であった楊洲周延とともに国周の補筆をしている。

作品[編集]

参考文献[編集]