林洋次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 洋次(はやし ひろつぐ、1943年 - )は、日本の工学者工学博士早稲田大学創造理工学部総合機械工学科教授。専門はトライボロジー

人物紹介[編集]

トライボロジーの第一人者として研究を続けるかたわら教科書を多数出版している。趣味はギター。数学、プログラミング、マンドリンにも造詣が深い。

研究内容[編集]

専門はトライボロジーであり、機械設計において必須の物体間の摩擦、潤滑にまつわる研究を行っている。また、ギターの振動と音響特性に関する研究も行っている。

略歴[編集]

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 機械設計学 朝倉書店
  • 最新機械製図 実教出版
  • 機械要素概論1 実教出版
  • 機械要素概論2 実教出版
  • 役にたつ機械製図―学生からエンジニアまで 朝倉書店

参考サイト[編集]