林成之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 成之(はやし なりゆき、1939年3月8日[1] - )は、日本の脳神経外科医。日本大学名誉教授。

人物[編集]

1939年富山県に生まれる。日本大学医学部を卒業する。

日本大学大学院医学研究科博士課程終了する。マイアミ大学脳神経外科に留学する。1991年秋、日本大学医学部付属板橋病院にて、危篤患者に対する救命療法である脳低温療法を開発する[2][3]1993年、日本大学医学部付属板橋病院救命救急センター部長に就任する。2006年、日本大学総合科学研究科教授となる。 脳低温療法の開発者という肩書きばかりでなく、脳についての啓発本をいくつか発刊している。

業績[編集]

脳低温療法の開発

脳低温療法の開発が挙げられる[2]。脳血流の血液の温度を34℃に一旦下げ徐々に32℃に下げ[4]、脳組織多数の死滅を避けることを目的とした療法である[3]。この脳低温療法が開発されるまでは、脳死に至ってたであろう患者を少なからず救ったということで、評価されている[3]。その一方で、身体への影響を憂慮し、徹底した管理が求められる高度な医療技術である[5]

著作[編集]

  • 『脳低温療法』(総合医学社、1995年5月)ISBN 9784915764707
  • 『<勝負脳>の鍛え方』(講談社、2006年10月21日)ISBN 9784061498617  
  • 『ビジネス<勝負脳>』(ベストセラーズ、2009年1月31日)ISBN 9784584122068
  • 『脳に悪い7つの習慣』(幻冬舎、2009年9月30日)ISBN 9784344981447
  • 『脳力開発マップのススメ』(日本放送出版協会) 
  • 『困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則』(祥伝社、2011年6月15日)ISBN 978-4396613778
  • 『勝負に強くなる「脳」のバイブル』(創英社/三省堂書店、2013年9月)ISBN 4881425684

脚注[編集]