林忠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 忠良(はやし ただよし、1953年9月2日 - )はプロ野球審判員パシフィック・リーグ審判部前副部長。兵庫県出身。

来歴・人物[編集]

兵庫県立明石南高等学校立命館大学経営学部卒業後、ムラカミ食品を経て1977年パ・リーグ審判部入局。現役時代の審判員袖番号は31。パ・リーグ袖番号初採用年度審判の一人。

オールスターゲームに5回出場(1985年、1988年、1992年、2004年、2007年。1988年第1戦で球審)、日本シリーズに6回出場(1990年、1993年、1996年、1997年、1999年、2001年)。うち1997年の日本シリーズ2001年の日本シリーズ第1戦と、1990年の日本シリーズ第4戦、1993年の日本シリーズ第7戦でそれぞれ球審を務め、1987年5月23日柏崎市佐藤池野球場で行われた、ロッテ南海戦(史上最後のサスペンデッドゲーム)でライト側外野審判を務めていた。

1994年にインサイドプロテクターの使用が義務化されるまで、アウトサイドプロテクターを使用し続けた。パ・リーグで最後までアウトサイドプロテクターを用いて球審を行った審判員であり、上述の1993年日本シリーズ第7戦は、アウトサイドプロテクターの球審が出場した最後の日本シリーズとなっている。

2009年に55歳の定年に達したため、副部長を勇退し、嘱託審判となった。同年5月15日、オリックス日本ハム9回戦(京セラドーム大阪)で三塁塁審を務めて、通算2500試合出場を達成した。最終通算出場試合数は2,514。

2010年をもって現役を引退、2011年からは審判技術委員(関西)となる。2016年をもって審判技術委員を退職。

審判出場記録[編集]

(記録は2010年シーズン終了時)

関連項目[編集]