林啓栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 啓栄(りん けいえい、Lin Qirong1821年 - 1858年)は、太平天国の指導者の一人。林啓容とも書く。

広西省出身。金田蜂起に参加して楊秀清の部隊に属した。1853年頼漢英の部隊が南昌で包囲されると、林啓栄と曽天養石祥禎に従って援軍に赴き、安慶九江を攻略した。1854年、九江の守りにつく。九江近郊の湖口羅大綱が守りについており、林と羅は1855年1857年の2回にわたって湘軍の攻撃を撃退した。林はこの功績により「貞天侯」の地位を贈られた。後に清軍の長期の包囲に遭い、1858年5月、湘軍の李続賓と水軍の楊載福が九江を攻めると、1万7千の太平軍とともに果てた。